ブログ・メルマガアフィリエイトで稼ぐノウハウの裏の裏を公開します

ブログとメルマガで稼ぐアフィリエイトのTactics・裏の裏

クッキーをうまく活用する。

アフィリエイトではよくクッキー狙いの売上とか、
Cookieだけをばらまいて他のものを売る
と言ったような戦略にも応用されています。

でも、よく分からない。
というのが正直な見解かもしれません。

アフィリエイトだけではなく、
単純に訪問回数をカウントするアクセス解析、
通販サイトなどのショッピングサイトでも使われています。

ブラウザに固有の番号というかIDがあると仮定します。
それをサーバーに記憶して、
個人を特定している仕組みになります。

正確には細かい部分で違いますが
分かりやすさを追求して、
説明するとこのような感じになります。

例えば、自分のアクセス解析で実験してみる
一番わかり易いと思います。

サイトに訪問者回数を調べて表示させるパーツを
組み込んでいる方はそれでもいいでしょう。

Cookieの削除をして接続したり、
そのページに見る時にいつもと違うブラウザで接続すると
アクセス解析やパーツに表示される訪問回数が違います。

接続回線も確かにアクセス解析上では表示されますが、
あくまでもCookieで個人の判別をされているのは
ブラウザになり、回線は補助情報になります。

こうなると個人情報も抜かれてるんじゃ?
と心配になるでしょう。

ショッピングサイトなどで個人情報を入力したりするので
気になるところではあります。

でも、サーバーが要求しているのは、
あくまでもブラウザ固有の情報であり、
私たちの個人情報ではないので、その点は安心してもらって大丈夫です。

個人情報はまた別のサーバーできちんと管理されているので、
Cookieとは別の管理がされています。

https://で始まるセキュリティ対策がされたサーバーに接続して、
個人情報を入力してもらうなどユーザー側からも見て分かるような
対策が施されています。

通常半年間、常時5000人以上のユーザーがいる場合
運営者が個人・法人を問わず、またネットビジネス・リアルビジネス問わず、

個人情報保護法という法律の対象となり、
流出や漏洩を防ぐためにしっかりとした個人情報の管理の必要があります。

※法律ということは、違反した場合、
管理者側に相応の罰則もあるということです。
メールアドレス1つでも個人情報です。

ほとんどのASPやショッピングサイトでは
5000人以上の顧客を抱えているので、
この法律に則った管理をしなくてはなりません。

また、アクセス解析のように、
氏名などの個人情報を入力したり送信しないものもあるので、
この点はあなたのアクセス解析を見たら安心できるでしょう。

話が少し脱線してしまいましたが、、、

クッキーの利用方法としては、
個人を特定した上で、ページをその人の嗜好に合わせた
ページ構成(好きそうな商品などを推測して表示する)というものがあります。

Amazonや楽天市場にログインすると、
全部が全部でなくても、何か興味がある・・・と思えるものが表示されているのは、
以前に利用した際にあなたがアクセスしたページを元に商品が抽出されているのです。

また、最近ではYoutubeでも
この動画を見たのなら、この動画もどう?
みたいなオススメ動画が表示されています。

この辺りは同時にGoogleアカウント(Gmailアドレス)と連動したので、
クッキーだけに頼っている訳ではないでしょうが、
こういった利用の仕方もできるという一例になります。

そして、このCookieには有効期間というものが
サービス毎に異なる仕様で設定されています。

1ヶ月がよく聞く事例だと思いますが、
アフィリエイトリンクにはこのクッキーを組み込まれたページを
間に挟むことができます。

通常はそのCookieを利用しているサイトの
新たなアフィリエイトリンクを踏むと
このクッキーが新しいものに書き換えられます。

商品別に設定しているCookieもあるので、
各サービス提供者のクッキーの取扱方法に
注意して利用するのが重要です。

このクッキーと上手に付き合うことにより、
自分がアフィリエイトしている物以外の
報酬を得られる方法があります。

悪用しちゃいけませんよ。

それはまた明日の夜お伝えします。

 

この記事に関連する記事一覧

メルマガ登録はこちらから



登録
解除

メールアドレス(必須)
苗字(HN可)(必須)




えあの裏メルマガ

登録
解除
メールアドレス(必須)
苗字(HN可)(必須)



えあの裏の裏




登録
解除

メールアドレス(必須)
苗字(HN可)(必須)


コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: