フェイスブックで隠したい情報もある・・・

目安時間:約 8分

今日はFacebookを利用されている方以外には
全く関係のない記事ですので、
対象にならない方はスルーしてくださいね。

Facebookのとあるグループで
『ゲームフィードを特定のリストだけに公開しているので・・・』
と書き込みをしたところ、どうやったらそれができるのか?
というメッセージを頂きましたので、私の方法を公開します。

FB上のことなので、本来はフィードで公開したいのですが、
画像を多用するため、メルマガ&ブログを活用して
フィードバックしたいと思います。

※画像は全て日本語画面です。
他の言語で設定されている場合は多少表現が異なる場合があります。
環境はWindows7+Google Chromeです。

メッセージを頂いた方は私同様、
個人アカウントでビジネスとプライベートを
切り分けたいと考えていらっしゃる方です。

今回は私も利用しているアプリ・CityVilleでの方法をご案内します。

つまり私もしっかりとゲームをしながらも、
隠してるわけですけどΣ(´∀`;)

手動で投稿する分には、投稿する際に
公開範囲を設定できるので、予め用意されているところに
自分自身で設定したらよいので問題ないと思います。

Facebook

 

で、今回は今この上にある画像のGame Logにあたる部分を作成して、
アプリからの自動投稿を特定の人だけに公開する方法になります。

まず、はじめにhttp://www.face.com/にログインした状態の画面にします。

すると左カラムに『友達』という場所があるので、クリックします。
カーソルを持って行くと『もっと見る』という文字がでますが、
こちらをクリックしても一緒になります。

Facebook

するとデフォルトで設定されている3つと
過去に勤務した勤務先や現勤務先、母校、地域など
基本データに設定したリストが出てきます。

Facebook

コレに加えて、新しいリストを作るために
右上の『+リストを作成』をクリックします。

『新しいリストを作成』の画面がポップするので、
自分でわかりやすいリスト名を付けます。
他の人からはわからないので、自由にどうぞ。

Facebook

ここで名前を入れることも可能ですが、
あとから追加することもできます。

現段階で追加する場合は、投稿する際にタグ付けする要領で
『+(半角のプラス)』を入力したあとに名前を入れ始めると
友達の名前と画像が出てくるので、その中から選択して追加します。

Facebook

一々半角のプラスを入力するのも
人数が多いと面倒なので、
ここでは割愛します。

リストの名前を入力したら、作成をクリックします。

すると次のような画面に変わります。
(今回は『test』という名前で作成しました)

Facebook

右カラムにこのリストのメンバーという枠があり、
その中に『+このリストへ追加』という枠があるので、
ここに追加したいメンバーの名前を入れます。

名前を入力し始めると、友達の名前やFBページなどが出てきますので、
その中から該当する人をクリックします。

Facebook

※日本人を登録したい場合は、日本語の方がよいです。
アルファベットで名前登録していない方もたまに見かけます。

すると、登録したい人のフィードが中央のカラムに表示され、
『このリストの友達』の下にプロフィール画像が公開されます。

Facebook

同じ要領で登録したい人を追加していきます。

すると、追加した人のログが中央カラムに ニュースフィードから抜き出したような感じで表示されます。

Facebook

※実際に使っているGame Logの表示から
個人を特定する情報をぼかしてあります。

全部の表示されるのが多すぎる場合は、
『リストを管理』→『アップデートの種類を選択』をクリックし、

Facebook

もう一度『リストを管理』をクリックすると、
アップデートの種類が選択できるようになっているので
不要なものはチェックを外します。

Facebook

間違えて追加してしまった場合は、
『リストを管理』からリストの編集をクリックし

Facebook

プロフィール画像の右上にカーソルを持って行くと
×印と共に『リストから削除』がポップするので、
削除したい人のプロフィール画像の×印をクリックします。

Facebook

これでリストが完成します。
このリストに対して、普通に投稿することも可能です。

※このリストに対して、たまに英語でボヤいてますが、
リストに入っている方、気にしないでくださいね^^;

続いて、このリストに対して、
自分のアプリのログを流す方法に移行します。

アプリの投稿は基本的に自動投稿なので、
(自分で毎回公開設定を変えることができる場合もあります)
アプリ側で公開設定を変えておくと、毎回確認しないで済みます。

アプリ上での基本設定は『公開』なので、
普通に使っていると当然誰からも見られる設定になります。
フィードの公開をしている場合はフィードの購読者に対しても公開されます。

でも、そのアプリを使っていない人にとっては
邪魔以外の何者でもないんですよね・・・。

もちろん、友達側の設定で、ゲームのフィードを消したり、
友達でもフィードが流れないようにする設定もできますが、
私は他の方に手間をかけさせたくないので、自分で制限をかけています。

左カラムにあるアプリの『CityVille』の左側の鉛筆マークにカーソルを持って行くと、
『編集』がポップアップするので、

Facebook

鉛筆マークをクリックします。
Facebook

すると、メニューがポップアップするので、『設定を編集』をクリックします。

ポップアップした画面をスクロールしていくと
『Posts on your behalf:このアプリによるFacebookタイムラインへの投稿の公開範囲:』
という項目があるので、先程作ったリストを赤枠内の右端の▼をクリックして設定し、
『閉じる』をクリックして画面を閉じます。

Facebook

この状態でアプリからフィードに投稿しようとすると
デフォルトで自分で設定したリストの人に対してだけ公開できるように
チェックの位置が変わっているので、特定の人だけに公開することができます。

Facebook

今回はアプリのCityVilleを例に挙げましたが、
もちろん他のアプリでも共通です。

全然ゲームログがないのも気持ち悪いかもしれないので(苦笑)
1つのアプリだけは友達の友達まで公開しています。

また、リストに関しては、アプリに限らず使えるでしょう。
例えばアフィリエイターであれば、購入者や仲間向けに限定公開とか、
インフォプレナーさんであれば、アフィリエイターまたは購入者向けの限定公開とか。

もちろん、これは非公開グループでも可能ですけどね。
(他のSNSで言うコミュニティと同じ感覚です)

使い方は色々あると思います。
自分なりに工夫して、オンとオフのラインを
上手に創りあげてみてはいかがでしょうか?

私は・・・情報発信をFacebookページに
少し移行しようかと検討しています。

趣味の部分と仕事の部分の切り分けですね。

制約もある分、その中でどのように情報発信していくか、
アイディア次第で活用の幅は広がります。

フェイスブックに限らず、ソーシャルメディアを利用する場合には
ルールの中でうまく立ちまわることが重要でしょう。

カテゴリ:tips  [コメント:0]

守破離と質問の仕方に対する思い

目安時間:約 9分

以前からテンプレートのカスタマイズは、
王道商材に添付しているものであっても
「守破離」の『破』の部分に当たる応用部分だというお話はしてきました。

個人的には『離』でもいいとは思うのですが、
その人のスキルや熟練スピードによっても
この辺りは違ってきます。

でも、、、
『守』の部分でテンプレートのカスタマイズに走る方って
とっても多いんですよね。

ある程度HTMLやCSSに詳しければ
特に問題はないかもしれません。

ただ、今使っているのはMTやWPのテンプレートが多いので、
それに加えてそれらのCMSの知識、
平たく言えば、PHPの知識が必要になってきます。

そんなの簡単!と感じるかもしれません。

確かにCGI(Perl)だけの時代に比べれば初期設定も簡単になり、
レンタルサーバーによってはデーターベースもCMS自動インストールの範囲で
自動的に作成してくれるので、以前ほど設定に手間取ることはなくなりました。

私も昨日今日HTMLやCSS、PHPに初めて触れたわけではありません。
それでも、どのテンプレートでも分からない部分が多いのです。

賢威・キラテン・キラテン2・G.A.L.A.T、
各王道商材付属のテンプレートetc。

色々使ってきました。

で、ある程度のカスタマイズは可能です。

でも、あくまでもある程度であって、
100%なんでも自由にできるわけではないのです。

それはなぜか?

作成者によってそれぞれ
各プログラム(HTML・CSS・PHP)の書き方・表現方法が
違うからなのです。

似ている部分もありますが、私自身の書き方とも異なりますし
クセを理解するのに非常に時間がかかります。

だから敢えて、いろんなブログにいろんなテンプレートを
使っているというのもあります。

書き方の基本的なルールというものは存在します。

でも、あくまでも基本であって、
テンプレートではないのです。

だから、本来はカスタマイズをしたい場合には
作った人に聞くというのが一番の解決法なのです。

ただ、テンプレートカスタマイズは
サポート外と謳っている王道商材も多くあります。

それはあくまでもその王道商材に添付していないテンプレートに関してであり、
もしも王道商材に添付されているものであれば、
私としてはその王道商材の中に含まれていると考えます。

この辺りは各販売者との意図の相違があり、
全ての販売者が同じ考えとは限りません。

一度販売者に確認してみるのが
一番手っ取り早いです。

自分の中で悶々としていて、関係のない人の手を煩わせるより、
きちんと正面から聞けば、どのように対処してくれるか
きちんと教えて戴けるハズです。

商材について一番知っているのは
販売者・・・というより著者ですね。

販売者=著者の場合もありますが、
法律等の関係で別の方や会社が販売している場合もあります。

テンプレートの場合は、
著者が指示を出して外注している場合が多いので、
著者だけでは解決できない場合もあります。

それでも基本的には何らかの提案が頂けると思います。

例えば、アンリミテッドアフィリエイトであれば、
サポートフォーラムで試しに聞いてみたり、過去ログを探ってみると、
どこまでがサポート内かサポート外か何となく分かってきます。

質問の方法にもよりますが、
きちんと自分の状況を伝えて、教材にあるサーバーに
CMSを設置し指定のテンプレートを使った場合は解決に向けて
協力してくださる『ボランティア』がいます。

※よくアンリミフォーラムの回答者は、お金をもらって回答していると思われがちですが、
私も含めて、一切お金を頂いておりません。本当の意味でのボランティアです。
だから、指名制で答えを求めたり、即答は求めてはいけないでしょう。

経験を生かしたり、または同じ環境を作って、検証をしてくれたり、
結構回答するのに時間や手間をかけている場合もあります。

また文章からは見えない部分を想像しないと回答できない場合も
数多く存在します。

うまく質問が伝わらず、せっかく回答しても
逆切れされてしまうことも・・・。

だから、最近フォーラムに書き込んでないというわけではありませんが
(逆切れくらいで引いていたら、サポセンでクレームの最終対応なんてできません^^;)
やはり見てるのは見ています。

もしうまく質問が伝わらない、書けないと思うなら、
たとえ作りかけのサイトであってもURL提示をしてくれると
経験のある人が見れば、何を言わんとするかほぼわかります。

だって、自分たちも乗り越えてきた道なのですから。

よくURLを教えて下さいというと
『作りかけだから恥ずかしい』
『自分のノウハウを盗まれたくない』
という言い訳が出てくるのですが・・・。

作りかけだから・・・→
だれもが最初は作りかけです。

自分のノウハウを・・・→
ネット上で公開するってことは結局は誰もが見られるってことですよね?

下手な言い訳するより、素直にURLを提示したほうが
早い時間で解決します。

一生懸命答えてくださる方も
無駄な時間を割かずに済みます。

お互いにとってメリットがたくさんあります。

そして、同じ所に留まっている無駄な時間を
少しでも減らすことができるのです。

5W1H(2H)で質問するという形式があります。

文章だけで質問するのであれば、きちんとこの形に
当てはまった状態で質問をするのがイチバンです。

でも、これができないのであれば・・・
自分のサイトを見せて、この部分をこうしたいと言ったほうが
伝える方も読む方も非常に楽です。

百聞は一見に如かずといいますが、
答えようとする側から考えると
まさにその通りだと思います。

自分の固定概念を他人に全部押し付けるのは無理難題です。

逆に、他人の固定概念をすべて押し付けられて吸収できますか?
私、自信を持って、できないと答えますよ(苦笑)

自分が少し変わった視点や考えを持つことは意外と簡単で、
一気に世界が開けることもあります。

それが勇気を振り絞って、URLを提示することであることが
サポートしてもらう場合、一番多かったりします。

確かに恥ずかしいという気持ちが先行するかもしれませんが、
誰もがそのつらい時期を乗り越えて今があります。

また、乗り越えている最中の人もいます。

サポートフォーラムでは
色々な段階の人がそれぞれの目線から
回答をしてもらうことができます。

今自分は出発点に居たとしても、
少し前に始めた人、随分前から始めた人、ベテランさん、作者及び協力者、
いろんな方がいます。

その中で自分が一番わかりやすい回答を見て、
解決に繋がれば一番ですが。。。

もしわかりやすい回答が得られない場合、
質問の仕方に問題がある場合が数多くあります。

フォーラムやSNS、メール。
文章でのサポートは色々な方法がありますが、
表情が見えませんし、自分の言ったことがその人のスキルに合っているか
判断する手段は数少ないです。

音声スカイプの場合は、話しながらなので、
声色や即そこが分からないといった質問が返ってくるので、
スキルをはかるのは文章だけよりもずっと楽です。

でも、基本的には、文章でのサポートが多いので、
質問する側がやはり自分の状況をいかにうまく伝えるか?
というのが重要になってきます。

これは最初に述べたテンプレートのカスタマイズに限ったことではありません。

教材の一部分に関する質問でも同じです。

答える側としては、1つでも多くの情報が欲しいのです。

そこで具体的にどのような作業をしてどのような形になった
というのが楽に理解できるのが、実際のブログであることが多いです。

楽に理解できれば、推測で回答することも減ります。
逆ギレをすることもなくなるでしょう。

顔の見えない世界だから何をしてもいいという考えは捨ててください。

だって、アフィリエイトは、顔が見えなくても
信用をしてもらうことが一番大切なのですよ?

実際に手にとって見られないものを購入して頂く訳ですから
日常生活以上での信頼性を勝ち取る必要があります。

逆切れとか丸投げしてるだとか、マイナス思考で考えるのではなく
自分の将来のためにきちんと正面からぶつかって真摯に受け止める態度が
信用を勝ち取るための成功のステップの一つです。

マインドというほど崇高なものではありませんが、
一般社会にも通じるちょっとした気遣い・心がけだと思います。

カテゴリ:tips  [コメント:0]

ペイパルへの個人情報送付について

目安時間:約 4分

ペイパルの「本人確認書類ご提出のお願い」 というページがネット上で多く出まわっており、 ドメインもセキュリティ証明書も違うから一瞬フィッシングかと思いました。  

 

PayPal 本人確認書類ご提出のお願い(直リンク)  

 

で、朝からずーっと調べたり電話したりしていました。  

まず、ペイパルにログインして、カスタマーセンターに連絡。

たどたどしい中華訛りのお姉さんが対応してくれたのですが、

とりあえず、それはPayPalの一事業部ですということは分かりました。  

で、5/14までに送らなきゃならないのに、

なぜ未だ私にはメールが来てないのか? ということに対しては

「全く分からないのでもう一つのフリーダイヤルに 電話して聞いてくれ」

と言われて、しばらく考えてました。  

送り先が郵政事業株式会社の支店私書箱であること。

個人情報ないしは会社内部情報を送るのに、普通郵便であること。

また、宛先の書き方がちょっと怪しいので

(私書箱までしかなく、宛名がない)、

郵政事業株式会社にも電話して、

これでも届くのか?と問い合わせてみたら、

『社名も入れてもらったほうが確実ですが、なしでも届きます。』

と返答を頂きました。

 

今までペイパルを語るフィッシング詐欺は非常に多かったので

警戒しながらも、新しいドメインとPayPal本家のドメインの所有者を確認。

 

住所・電話番号・FAX番号全てが一致していました。  

 

法人の場合、ドメイン取得の際でも 個人より書類が多いので、ここまで一致していると 間違いないかな?と思って、指定された電話番号に電話。

(一番最初に書いたドメインにある連絡先フリーダイヤルと同じです)

今度は日本人女性が対応してくださり(名乗った苗字も日本人名)、

下記のことを確認しました。

 

1.今回の書類提出対象者はアカウント保持者全員ではないこと。

(トップの注意書きにある通りです)

 

2.対象者はできるだけ今週中、遅くとも来週初めにはメールが到着するとのこと。

(来週中に来なかったら、対象者でないと思って間違いないとのこと)

 

3.万が一プリンタがない、または壊れているなどで書類が

印刷できない場合は、 再度新しい方のドメインにあるフリーダイヤルに

問い合わせれば 記入用の書類を送ってくれるとのこと。

 

4.今回は一部のアカウント保持者が対象だが、

将来的には全アカウント保持者に対して

同じ書類提出を段階を追って案内すること。  

 

以上の4点をはっきりと答えてくれました。

 

私にはメールが来てないのは

ペイパル決済での『購入』しかしたことがない個人なので、

来てないだけのようでした。

(今のところ・・・ですけれどね)

 

今は私のように購入でしかペイパルのアカウントを使っていなくても

今後、アフィリエイトなどでペイパルを使って

ビジネスを展開していく場合には

入金があった時に即座に要求されることもあるので、注意が必要です。      

 

 

 

カテゴリ:tips  [コメント:0]

メルマガ都市伝説

目安時間:約 2分

前にも触れたことがあるのだけれど、
独自配信と有料メルマガスタンドを
勘違いしている人がいらっしゃいます。


しかも知り合いでいるところが悲しいところです。


知り合いなら直接指摘したら?と
思われるところですが、
既に指摘したんです。


華麗にスルーされました。


最近メルマガを出してて思うのだけれど、
フリーメールも届かないところが多くて、
ホント毎日が手動読者解除の連続です。


他にもスマートフォンで
受信してくださってるのでしょうけど、
ドメイン指定がしていなくて、戻ってくる携帯。


これくらいは覚悟ができているんだけれど、
一番の問題は○○だから届くという思い込み、
ステータスの高さ。


有料配信ですら、
よっぽどのところじゃないと届かないのに
無料配信で届けようとすると・・・。


どうなるか想像が出来ますか?


あとは●●メールの踏み台にされて、
その影響を受けて届かくなっている現状。


今に始まったことじゃないんですよ。


一度、メルマガのプロの業界秘密から
目を通してみるといいかもしれません。


それでも、気付けないあなたは、、、
えあのお約束ですが、
検索しましょう。


まずは日本語を理解することが大切です。


なぜメルマガが届かない?

カテゴリ:tips  [コメント:0]

テンプレートのデメリットを克服する

目安時間:約 1分

ブログにテンプレートを当てはめて、
さて、記事を書こうと思っても、
デザインが・・・SEOが・・・。


気になるかもしれませんけど、
テンプレートでブログの質が決まる訳では
ないんですよ。


確かにテンプレートが悪いかもしれません。
でも、カスタマイズは慣れてきてからでも
遅くないハズ。


それでも拘りたいという人は、
最初からデザインもSEOもちゃんとしたものを
手にするべきです。


ちゃんとしたテンプレートなら、
簡単なコピー&ペーストでデザインもあなた流になります。


必要最低限のカスタマイズで済みます。


適当なテンプレートを拾ってくると、
ああ、あそこが駄目だ、ココがダメだって
気になり始めるんです。


ちゃんとしたテンプレートを探して、
ブログ運営のスタートを切りましょう。



http://air.yuririn.org/pchan/public/l.php?tips&0&53m2

カテゴリ:tips  [コメント:0]

後発組だからって諦めない

目安時間:約 3分
私もアフィリエイト後発組ですが、
今も続々と増えているので、
後発組という言葉はもう不要な気がします。
 
 
というより、後発組は稼げないとか、
マイナスイメージで使われることが多いからです。
 
 
でも、実際、後発組のが有利という説もあります。
既に先見の失敗を重ねた結果がマニュアルとして
用意されているからなんですよね。
 
 
私の場合、マルチWinに始まり、爆転、
アフィリエイト虎の巻、アンリミテッドアフィリエイトと
たくさんのマニュアルのお世話になっています。
 
※既に販売停止されているものも含みます。
 
 
軸がバラけてるじゃないか~って
ツッコまれそうですけど、
基本軸はどれも変わらないです。
 
 
パソコンの画面の向こうを意識するという点では
どの商材も共通して言えることだと思います。
 
 
でも、買うお金がありません。
無料レポートで始めます。
 
 
なんて方もいると思います。
私もそうだったので、気持ちは分かります。
 
 
でも、結局遠回りして挫折するんです。
 
 
しっかりとしたノウハウを元に始めれば、
迷子になりにくいし、挫折もしにくいです。
 
 
でも、初期投資が・・・と悩む場合が
多いでしょう。
 
 
ちょっとこの動画を見てみて下さい。
 
 
 
 
お金を使って豊かになる思考が
語られているので、
初期投資に悩む人の解決に導かれるでしょう。
 
 
これを踏まえて、
『後発組』で稼げないと悩んでいる人に
読んで欲しい無料レポートがあります。
 
 
無料レポートは遠回りじゃん?
って言ったばかりなのに無料レポート。
何か矛盾してない?と思われるでしょう。
 
 
これは稼ぐためのノウハウではなく、
稼ぐための思考についてのレポートなのです。
 
 
 
PPCの専門の方なので、
PPCについて語られていますが、
 
これはどのジャンルのアフィリエイトでも
変わらない心構え・原則になります。
 
 
 
アフィリエイトを挫折する人のポイントが
コンサルティング側からの視点で書かれています。
 
 
あなたがこのポイントに入っていないか、
読んでみて、今一度確かめて下さい。
 
 
0→1への転機になれます。
稼げる5%のアフィリエイターに入れます。
 
 
 
アフィリエイト後発組が成功するための5つの原則
アフィリエイト後発組が成功するための5つの原則
 
 
 
 
 

カテゴリ:tips  [コメント:0]

訪問者の目を意識する

目安時間:約 3分

記事の背景は白、文字は黒。
リンクの色は青で下線付き。


結構前から言っているのですが、
デザインに拘る人はこれを避けて通っている
印象があります。


だって、記事背景に色が付いてたら
読みにくいと思いませんか?


自分のブログなら、自己満足の世界で終わらせられますが、
訪問者の目から見たら、読みにくいに以外の何者でもありません。



リンクの色は青で下線付きというのは
どのブラウザでもデフォルトになっているから。


この時の青っていうのは
16進法のカラーコードでいう0000FFをさします。
青系ならいいってわけじゃないんです。


見慣れた色が人間には読みやすく、
違う色が入ると、目がチカチカしたりするのです。


実際に100人に対して、統計を取ったページがあります。
http://air.yuririn.org/pchan/public/l.php?tips&0&50m2


あなたが見てみても分かるとは思いますが、
私が言っているのはこのページの16になります。


一番好ましいにはなっていませんが、
それでも2番なので、人の見る目というのは
あんまり変わらないものです。


一番下に16進法表示があるので、
実際に見てみると分かりますが、
私が押しているNo16は背景が白で文字が黒です。


リンクまでは出ていませんが、
逆を返せば設定をしなければ自動的に青になるので、
設定をしなければいいのです。


スタイルシートの技術が進み、
CSSデザインでシンプルに色んな設定ができますが、

それでも背景が白で文字色は黒、リンク色は青は
どれだけ技術が発達しても変わらないでしょう。


実際にこのページを見てみて、
あなたの目で確かめて下さい。


25種類あるので、客観的に見て
比較することができます。


タイトルやサイドバーの見出しは
アクセントになるので、あなたらしい色にしても
問題ないでしょう。


デザインができなくても、
基本に立ち返れば設定しなくてもよい
ということが分かります。


http://air.yuririn.org/pchan/public/l.php?tips&0&50m3


一度客観的に見てみて、
あなたのブログも見直してみてください。


ちょっと変えるだけでも、
滞在時間に影響が出てきます。

カテゴリ:tips  [コメント:0]

各種ブラウザがバージョンアップ

目安時間:約 2分
Google Chromeがアップデートされました。
最近調子が悪かったのが、一気に調子がよくなった
そんな印象を受けます。
 
 
でも、一緒にインストールしてある
SGPlusがちょっと不安定な気がします。
 
 
twitterとfacebookに連動してあるのですが、
FBに何度も再ログインさせられるような。。。
これも解消されるといいのですが。。。
 
 
私のクロームだけでしょうか?
 
 
 
なんて思っていたら、FireFoxはもう来月末に
7が発表されるんだとか。
 
 
6週間に1回のペースでバージョンアップって
もうバージョンの数字の不要性を感じるばかりです。
 
 
 
他にも使っているソフトが、
あちこちバージョンアップしていくので、
パソコン起動するたびに重たい状況が続いてます。
 
 
Vistaだから仕方ないのでしょうか?
 
 
近々XPにダウングレードするので、
使えなかったソフトも使えるようになると
いいなぁとは思っています。
 
 
XP用のドライバをダウンロードしておかなくては。

カテゴリ:tips  [コメント:0]

HTMLに詳しくなくても知っておきたい最低限のタグ

目安時間:約 5分

アフィリエイターはHTMLタグを知らなくてもよいと
仰る方は多々いらっしゃいますが、
最低限、知っておくべきタグはあります。


先日発表したレポートで書いているbとstrongの他に
その前のレポートで紹介したmetaタグの一部も
かなり重要度が高いので、最低限知っておくべきタグに入ります。


レポートでもサラっと書きましたが、
ブログのコマンドのBを押したからといって、
boldのbになるとは限りません。


ブログサービスによっては、strongになります。
その結果、あなたが意図してない部分に
SEOをかけていることになります。


場合によってはスパムにもなりかねない
危険性を秘めています。
つまり検索エンジンの結果の圏外になることもあるのです。


文章中に5%~10%程度ならよいとはありますが、
無料ブログサービスの場合、強制的にstrongタグを
テンプレート内に埋め込まなくてはならないものもあります。


実際に文章中にはそれだけしか使ってなくても、
実際のタグを確認すると自動挿入されたものも含めて、
strongタグが多数並んでいる場合もあります。



以前、ご相談を受けたブログで、
ページ全体が太字になってしまうというものがありました。


単純にstrongタグの閉じ忘れだったのですが、
メインカラムからサイドバーを順番に読んでいく
SEO済みテンプレートを使っているブログでした。


見出し部分に使ったstrongがページ全体に影響して、
太字になってしまっていました。


ご本人も意図されてないところだったので、
すぐにご相談してくれて、スパム回避になりました。



ブログについているコマンドは、手軽で非常に便利ですが、
ブログサービスによっては、意図しないタグになる場合もあります。


SEOを非常に気にしている方は、
strongやemと言ったSEOに関するのタグを
全く文章中に使わないようにしている方もいます。


無料ブログサービスに限らず、
WordPressやMovableTypeなどのCMSでの
利用も同じです。



先日、JimdoというCMSを利用されている方から
軽くタグ以外のご相談を受けたのですが、


私自身、本を読んだだけでJimdoは私向けじゃなないと思い、
放置してあるので、書跡上の知識だけで、詳しくありませんが、
こういったサービスでも気をつける必要があります。


新しいサービスやHTMLを作成ソフトを利用する際には、
必ず、Bのコマンドを押したらboldになるのか?strongになるのか?
Iのコマンドを押したらItaricになるのか?emになるのか?


その程度は理解しておいてほしいです。


文章中のことは

カンタンSEOシリーズ6
強調タグの意味をきちんと理解して使い分けGoogleにアピール



metaタグについては

カンタンSEOシリーズ5
metaタグをきちんと設定してサイトをアピっちゃおう



のそれぞれのレポートで解説しています。


敢えてSEOシリーズで別々に解説しているのは、
1つずつステップを踏んで欲しいから、

またたくさん読みすぎて情報過多になり
SEOやHTMLに対して嫌悪感や拒否感を防ぐためでもあります。



このカンタンSEOシリーズでは、
基本的にはパソコンサイトのSEOのことを書いていますが、
携帯SEOにも通ずるところも多々あります。


どちらかといえば、携帯SEOの方が簡単なので、
パソコンのSEOを抑えておけば、
よりシンプルな携帯SEOにも応用が効きます。


私が携帯サイト作成を放置しているので、
実際検証をしたものではありませんが、
アルゴリズムに流されない正攻法なので、どちらでも通用します。


アフィリエイトサイトに限らず、
サイト作成に最低限必要な知識ですので、
今一度見直しておくことをオススメします。



ほとんどのことは、インターネット上で検索したら、
答えが載っていることです。


今回の記事を読んでみて意味のわからない言葉は
私に質問メールを送る前に一度調べてみてください。

カテゴリ:tips  [コメント:0]

強調タグの持つ意味

目安時間:約 2分

以前から気になっていた<b>タグと<strong>タグの意味の違い。
私のアフィリエイト空白期間には少しは周知されているだろうなぁと思ったのですが・・・。



最近、拝見させて頂いたブログでも、固定メニューまたは固定記事全体が<strong>タグで囲われているものがあり、SEOを意識されていないとは仰っていましたが、いくらなんでも・・・。

と老婆心でアドバイスをしてしまったのですが、見事にスルーされてしまいました。今の自分の力のなさを知った次第です。

哀しいかな、現実はそんなものなんでしょうけれど、アフィリエイトブログでも、日記ブログでも、やっぱり検索エンジンからの訪問者はありがたいもの。

改めて<strong>タグについて周知したいなと思い、レポートを作成しました。

カンタンSEOシリーズ6

強調タグの意味をきちんと理解して使い分けGoogleにアピール


既にダウンロードして下さっている方もいらっしゃいますが、
私がこのレポートに込めた思いはSEOだけではありません。


基本的なタグとして
最低限理解して欲しいと思っているタグなので、
まとめてみました。


同類の斜体のタグについてもまとめてあります。


見栄えにこだわるのも悪くはありませんが、
訪問者さんにもクローラーにも優しいブログやサイトで
あってほしいと思います。


カンタンSEOシリーズ6
強調タグの意味をきちんと理解して使い分けGoogleにアピール

カテゴリ:tips  [コメント:0]

プロフィール

情報商材レビュアー
(かなりの天然)

全国展開をしているDOS/VパーツショップのWebサイトデザイナーとして活躍した後、ブログ運営を続けていくうちに身についたSEOノウハウを生かして、サイト運営をしています。
初心者さんでも安心して始められるように、親身になってアドバイスしています。
2009年7月~2010年1月:SMスパルタ塾のブログカスタマイズなど技術系サポーターを経験。
もっと詳しく知りたい場合はこちらから♪

最近のコメント
    カテゴリー
    アーカイブ

    ページの先頭へ